託児所完備の職場
子供優先で働ける病院の看護師求人 > ママナース働き方 > 院内託児所・保育所のメリット・デメリット

院内託児所・保育所のメリット・デメリット


ママナースの職場選び 院内託児所 保育所

院内託児所・保育所ってどう?

これから復職先を探したい、というママ看護師の方も多いと思うのですが、職場選びの条件として「院内託児所・保育所完備」である病院を希望されているママも多いのではないでしょうか。

住んでいる地域の公立保育園は待機人数が多いので無理そう・・・

20人、30人と1歳児の待機がいる場合、やっぱり入園は無理な可能性が非常に高いです。

区の保育課などで担当者から聞いて諦めた、というママさんも多いと思います。

本当は公立保育園が良いけれど、待機人数が多いからダメそう。
待っていたら働けないし・・・

と言う事で院内託児所・保育所完備の病院を復職先として決めてお探しになっているママ看護師の方も多いでしょう。

子供を預けたいけれど、院内託児所・保育所って実際どう?
人間関係めんどくさくない?

メリットもありますけれど、不安な部分、デメリットについても知ってから利用を考えたいというママも多いと思います。

ここでは、院内託児所・保育所のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

院内託児所・保育所のメリット・デメリット

子育てをしながら看護師として働くために仕事に戻る。

復職にあたっては院内託児所を利用しないと、無理というママナースは多いと思います。

保育園に無事に入園できれば預けて仕事に復帰もしやすいですが、そうではない場合には他の託児先を見つける事が必要ですよね。

両親が同居していたり、隣接して住んでいる場合なら毎日子供を預けられるかもしれませんが(そうした環境でも親が高齢で預けられない、などのご家庭もありますね)・・・

ママとして看護師の仕事に復帰するには託児先が必要。

そうしたママナースの強い味方となるのが、院内託児所・保育所です。

メリット

院内託児所・保育所を利用するメリットですが、

・送り迎えの手間が無い
・多少の残業によるお迎え遅れは多めに見てくれる
・子供の体調不良時、職員が優しい
・病児・病児後保育対応の託児所も多い
・保育料が安い
・保育士の人数が手厚い院内託児所・保育所が多い
・何かあれば、すぐに様子を見に行きやすい
・親の行事負担が少ない
・親同士の交流が持ちやすい

といった事などがメリットとして挙げられます。

デメリット

院内託児所・保育所を利用するデメリットですが、

・遊び場が狭く、外遊びが少なくなる事も
・勤務日以外の託児・保育をお願い出来ない
・親同士の交流が面倒
・子供の噛みつきなどが、親同士の人間関係のトラブルに発展することも

などがデメリットとして挙げられます。

同じ職場で働いているとはいえ、どうしても苦手なママもいます。
苦手な女医などがいて送迎時にバッタリ鉢合わせ・・・と言ったこともあるでしょう。

また子供が小さいと、どうしても噛みつき問題があります。
(噛みつきのない子もいますけれど)

1回であればまだ良いのですが、同じ子になんども噛みついてしまって、その度に謝って・・・でも相手のママも収まらない噛みつき、ケガに段々イライラしてきて、と次第にトラブルに発展するケースもあります。

力一杯噛むと、内出血も結構しちゃいますしね。
もっと酷いケガになる可能性だってあります。

謝らない訳にはいかないですよね。
どこの子が噛んだ、などそうした話も広まりやすいです。

どちらかというと、親の人間関係でデメリットに感じる事が多いのではないでしょうか。

職員だけが子供を預ける院内託児所・保育所だからこそ、人間関係はとても重要となってきますね。

でもやっぱり、院内保育を上手く利用すればママナースは働きやすい!

とはいえ、改めて認可保育所などを探すのは大変です。

自宅から近い保育所、保育園が待機児童が多く入れない場合には、遠くを探す事になりますが・・・自宅から30分など、時間のかかる保育所などはやっぱり難しいでしょう。

そこからさらに勤務先の病院が遠いとなれば、子供の体調不良時の急を要するお迎えも時間がかかって大変です。

それ以前に毎日の送迎でクタクタになりそうですよね。

子供が0歳、1歳、2歳くらいまでは院内託児所・保育所を利用。
その後、3歳以降になったら転園を希望したり、幼稚園に入園させたりといったママナースも多いですよ。

幼稚園ママでも看護師として両立しながら働くことは出来ます。

夜勤が難しいなど働き方に関しては、制限は出てきてはしまいますからね。
看護師として改めて働き方を考える必要は、職場によってはあるかもしれません。

また、院内保育園によっては小学生3年生までなど利用可能な場合もあります。

仕事を持つママの悩みとして、子供の長期休暇がありますよね。
夏休み、冬休みなどの長期休暇に子供だけ家で留守番はやっぱり心配です。

そうした場合でも、職場に一緒にいって宿題をしたり、子供達と遊んでくれたりしていると安心感はあるのではないでしょうか。

院内託児所・保育所がある病院は、ママナースが多く働いています。

当然ですが、子育て中のママナースに理解がある病院と言えますので、両立しながら仕事を続けやすい環境といえますね。

これから復職先を探したい、といったママ看護師の方は院内保育施設のある病院がやはり働きやすいのでは、と思います。

関連記事として、

ママ看護師の働き方

などもご覧になってみてください。




キーワード