ママナースの多く働き職場へ転職

子持ち看護師の働き方


看護師 子持ち 働き方

子持ち看護師の働き方

子育てがまだまだ忙しいけれど、看護師として復帰、仕事も子育ても頑張りたい!

として看護師として産休・育休あけ、お仕事に復帰される方も多いと思います。

また、これから両立して働きやすい、ママ看護師に理解のある復職先を探したいという方も多いのではと思います。

これから復職先探し、または実は転職先を探そうと思っている、といったママ看護師向けに記事の後半で、「子育てしやすい病院を探す」ために便利なママ看護師向け求人が多い看護師紹介会社をご紹介しています。

子持ち看護師の働き方、実際に子育てしながら働いていると悩む事も多いのですが・・・一つ言えるのは、

家族からのサポートに期待しすぎないで、バランスの取れた働き方が出来る事を重視して働く事

が大切かなと思います。

どうしても子供が小さい間は熱も出しますし、インフルエンザや溶連菌など病気になることも多いですからね。
私の場合には、入院して付き添ったこともありました。

そうした時、特に親を当てにしすぎると、急に預けられなかったりした場合にケンカになってしまう事もあります・・・。

1人目のお子さん、というママさんはこれから色々と経験されると思いますが、子供が原因で仕事を早退、休まざるを得ない事も多いでしょうから「無理せず働けるペースで少しずつ慣れる事」も重視して欲しいなと思います。

子持ち看護師の働き方、本当に人それぞれなのですが皆さん一人ひとりの環境に合わせてお仕事されています。

キャリア?子育て?ママ看護師としてどちらを優先するか

夜泣き
看護師として仕事に復帰するなら、やはりキャリアアップを目指したい、働くからには責任感のある仕事をしたい

そうお考えになるママ看護師の方も多いと思います。

まだ看護師としてのキャリアが浅いので今ブランク期間を空けるのは避けたい・・・と悩むママさんも多そうですね。

私は子供が小さい間は子育てを優先したい、というママさんもいらっしゃるでしょう。

また実は、仕事もバリバリしたいけれど、親も遠方でサポートしてもらえないしパートで無ければ無理かな・・・ということでやむを得ずパート勤務を選ぶママ看護師の方も多いのでは、と思います。

子供が生まれると、しばらくは夜勤は難しいと感じるママ看護師が多いようです。

看護師紹介会社を利用して復職先や転職先をお探しになるママナースの多くは、夜勤無しで日勤での働き方を希望されるそうですからね。

夜勤ありフルタイムの常勤勤務は負担に感じる方は多く、子供が大きくなってから考えたいというケースは多いです。

また逆に親が近くに住んでたり、二世帯住宅で同居しているので育児へのサポートがあるママ看護師の場合には、最初から夜勤あり常勤で復職されるケースもあります。

やはりママ業と看護師の仕事、両立する際に選べる働き方は家族からのサポートが大きな分かれ目、と言えそうです。

現実的には、子育てをしながらどこまで仕事が出来そうか、で働き方を選ぶママさんが多いのではないでしょうか。

ママナース向け 両立して働きやすい病院、職場を見つけるには

子持ち看護師の職場選びでは、子育てしながら働きやすい職場を選ぶ事が最重要!といえます。

子育て中、子供が原因で休みが必要な事も多いですからね。

それが理由でいちいち人間関係が悪くなっていては、たまったものではありません。

子持ち看護師に理解がある職場を選ぶ事はとても重要な事、といえるでしょう。

ママナース向け 育児ブランク可 看護師求人

の記事中では常勤、パート向けとそれぞれ看護師求人を探す際のオススメ看護師紹介会社をご紹介しています。

・日勤のみ、夜勤無し
・常勤希望、夜勤ありでも日数が少なめならOK
・育児ブランク長めでもOKな職場を希望
・やっぱり子供が小さい間はパートで働きたい
・扶養内のパート勤務
・同じように子育て中、子持ち看護師が多い職場

など、色々とお持ちの希望条件に沿っての復職先、転職先を探すのをサポートしてくれます。

復帰にあたって仕事をサポートしてもらえたら良いな、というママさんナースも多いのではと思います。

看護師のキャリアは長いけれど、実は長いだけであまり複雑な業務経験が無い、採血したことが無い、など復帰にあたって悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

ママナースの復帰にあたっては、教育制度が充実している、プリセプターありなどの病院を探してもらうなども可能です。

希望条件でまずは相談をされてみては、と思います。

ママナース向け 育児ブランク可 看護師求人

子育てしながら看護師の仕事を続ける大変さ

悩みを抱える看護師
子育てしながら看護師として仕事を続ける場合、小さい時は子供の発熱、病気による早退、欠勤が大変と言えますし、成長してからは幼稚園行事、小学校行事、PTA役員、学校行事の用意、協力などで時間が取られるようになってきます。

子供の成長と共に反抗期があったり、子供の受験などもあったりで、家庭でも悩む事も増えてそれが仕事へ影響が出てしまう事もあるでしょう。

考えてみると、いつも大変なきがします・・・。

子持ち看護師として、仕事を続けていく以上は大変であると言う事はもう受け入れるしかないかなと思います。

その上で、家族からのサポートや協力を得てどこまで仕事をしていく事が出来るか、というバランスを見極める事がやはり大切ではないでしょうか。

仕事を重視しすぎると、家庭が回らなくて結局は退職・・・といったケースも実際ありますからね。

子育て中のママナースの働き方、どういった働き方が出来るかを一度、復職される前にしっかり時間を取ってお考えになってみてはいかがでしょうか。

両立するためのママさんナースの働き方

ママナースが両立して働くためには、まず実現したいライフスタイルから考えてみる事もオススメです。

優先したい事、実現したいライフスタイルを整理してみてはいかがでしょうか。

子供の保育園行事、幼稚園行事は出来るだけ出たい

などあると思います。

その上で、子育て中のママナースが働きやすい条件を備えた病院や職場をお探しになる方法をオススメいたします。

もし復職先の職場がどうしても働くのが辛い、大変・・・と悩まれているママナースの方も、考えてみてやっぱり難しいとなった場合には、無理し過ぎないでパートへ切り替えたり、思い切って転職するなども検討されると良いかもしれません。

出産や子育てをきっかけに働き方を変えるママナースは多いですからね。

子供が小さい間は、無理なく働けるのが一番かなと思います。

ママナース向け 働きやすい職場を探すには




キーワード