希望条件で看護師転職に成功するには
子供優先で働ける病院の看護師求人 > ママナース働き方 > 子供優先 パート?常勤?ママナースの働き方

子供優先 パート?常勤?ママナースの働き方


ママナース 働き方

子供優先 ママナース 仕事の仕方

子育てをしながら看護師として仕事を続けていくのは大変!

家に帰ってからの方が疲れる・・・休む間も無い、そんな声が聞こえてきそうです(^_^;

看護師の仕事は職場にもよりますが、生死に直結する事もありますから、仕事が終わるとクタクタ・・・という看護師さんも多いのではないでしょうか。

「以前のような忙しい職場、夜勤が多い病院では子育てしながら看護師として仕事を続けていくのは無理かな。もう少し、子供優先で小さい間は働いていきたいかも」

出産後、少しの期間育児に専念してこれから復職を少しずつ考えて・・・といったママ看護師の方も多いと思うのですが、子供優先で仕事を続けていこうと思った場合、

・常勤

・パート

どちらで働くかで迷われているママ看護師の方もいらっしゃるのではと思います。

子供との時間を最優先するならパートで決まり。
でも、看護師としてもっと働きたい気持ちもある・・・

夫や両親からの子育てへのサポートがどれくらい得られるか、にもよりますよね。
夜勤があれば、夜勤中に面倒を見てもらう事が必要です。

でも、夜勤中に何かあったら子育てが苦手そうな夫で対応出来るかどうか・・・それ以前に、うちは夫に子供が懐いていないという問題が・・・といったご家庭もあるかもしれませんね。

ママ友に実際いるのですが、子供が全然、夫に懐いてくれない
抱っこしたら必ず泣くので、寝かしつけしてもらうのを諦めた、留守番をお願いするのを諦めた、といったご家庭があります。

そうなると、ママとしても働き方が変わってきますよね。

子育て、といってもそれぞれのご家庭で色々な状況があると思います。

院内託児所・保育園完備の病院を選ぶ、という方法もありますね。

ママ看護師の職場探しに関しては、

ママナースが働きやすいパート看護師求人

ママナース向け 育児ブランク可 看護師求人

に掲載しています。

こちらも合わせてご覧になってみてください。

ママナースの働き方で大切なポイント

ママナースの働き方で大切、といえるのが、

自分にも、家族にも負担を掛け過ぎない働き方をする

ということ。

やっぱり私は常勤で頑張りたい!と無理に常勤での復帰をした場合、忙しさによっては家庭が回らずに結局、退職・・・といった事にもなりかねません。

時間的にも精神的にも余裕が無くなってきますから、家でもイライラしてしまいます。

家の中の雰囲気は最悪ですね・・・

子育てをしながら働くママナースの働き方で重要なのは、

「自分にも、家族にも負担を掛け過ぎない働き方をする」

という事に尽きるかなと思います。

ご家族からのサポートが得やすい方は、常勤夜勤ありでも働けるでしょうし、サポートがあまり得られなかったり子供との時間を優先したい場合には、パートで日勤、短時間での働き方が向いているといえそうです。

それぞれのご家庭の状況、子育てへのサポートを考慮してママナースとしての働き方を考えていく事が重要ですね。

ママナース 子育ての悩み

働くママの子育ての悩みといえば、

急な子供の病気

ではないでしょうか。
子供の急な発熱
看護師の仕事もありますし、他にも兄妹がいれば、そちらのお世話、送り迎えもあります。

そして家事。

これらをしながらの仕事は本当に辛い・・・

保育園に預け始めた頃は、やっぱり病気をもらいやすい、というのは多くのお子さんに共通しているのではないでしょうか。

熱を出す度に早退したり、休みませてもらったり。

そのうち上のお兄ちゃんに病気がうつって、また休まなくてはならなかったり・・・。

子供達に病気になるな!とは言えませんからね。
こうした突発的な休み、子育ての負担が大きくなる事、職場への申し訳なさ、など色々と悩みが尽きません。

祖父母を頼る事が出来れば、体調が安定してきたら、全ての日ではなくても時々見てもらって仕事に戻る、といった事も出来ますね。

そうしたサポートが得られないようであれば、やはりママナースの働き方としては休みや時間の融通が利きやすいパートでの働き方が良いかもしれません。

無理なく看護師の仕事を続けていくためには、どれくらい仕事に時間を使えるか、といった事をしっかり見極める事が大切ですね。

子供あり ママ看護師が働きやすい職場を見分けるには

子育て中のママ看護師が仕事を続けていくためには、職場の環境もとても大切です。

復職先や転職先となる病院などを探す際に一番チェックしたいのは、

同じように子育てしながら働くママナースがどれくらいいるか

です。

ぜひ面接でも聞いてみてください。

看護師紹介会社を通して確認をしてもらっている場合でも、面接で直接「急な子供の発熱などで休みはとりやすいですか?」など質問する事で、職場としての子育て中のママナースへの理解・サポート具合が見えてきます。

同じように子育て中のママナースが多いと、育児の大変さがお互いよく分かりますからね。

困ったときはお互い様!

ということで早退や休みが必要な時も対応しやすいと言えます。

残業が出ないようにお互い気遣って、仕事を積極的に引き継いだり。

子育て経験のある師長や看護部長がいると、継続してさらに働きやすさに関して改善を続けている事も多く、ママナースにとっては働きやすい職場となりやすいですね。

ママナース 自分に合った職場選びの重要性

ママとして、子育ても、看護師の仕事も両立して頑張るのはとても大変です。

自分に合った働き方を選ぶ事が重要ですね。

子供達との時間を優先したい。

夜勤もしてバリバリ働きたい。キャリアアップを目指したい。
そうした気持ちが強いママさんは、託児所付の病院を選ぶ事で仕事を続けやすくなります。

何かあればすぐに駆けつけやすいですからね。
病児保育があるとさらに働きやすいです。

とはいえ、本当に緊急時には家族からのサポートは必要ですから、普段から時々はお願いするかも、と話しておくと良いかもしれません。

それぞれの働き方に合わせて、看護師紹介会社も利用しての情報収集がオススメです。

職場にどれくらいママナースがいるか、実際の残業状況はどうか、といった情報は個人では得にくいですからね。

ママナースが働きやすいパート看護師求人

ママナース向け 育児ブランク可 看護師求人

でご紹介したような看護師紹介会社を利用されることで、知りたい情報を代わりに確認してもらう事が出来ます。

ママナースが両立しやすい、働きやすい病院探しについてもしっかりサポートしてもらえますよ。




キーワード